復縁中期

返事がないのはなぜ?LINE(ライン)を既読スルーする男性心理とは

更新日:

LINEを既読スルーされて彼の気持ちがわからなくなり、落ち込んだり・悩んだりしている方って案外多いのではないでしょうか。

私の彼は、この既読スルーが得意技(すっごく困ります(>_<))。

元々、付き合い始めたころから文章を書くのが苦手だと言っていた人なので、仕方ないのかもしれませんが……私からLINEをしても返事がないこともしばしば。(それでも復縁してからは、だいぶ改善されましたが(^-^;)

占い掲示板『レディスピ』をのぞいてみると、既読スルーについて話題が上がることも多いので、わかる~(ノД`)・゜・。と思い、今回はLINEを既読スルーする男性心理について書いていきたいと思います。

 男性にとって、LINEやメールは単なる連絡手段

女性であれば、付き合っている彼とのLINEやメールはコミュニケーションのひとつ

特に用事がなくてもLINEやメールをしてきてくれると、彼からの愛情を感じられるので、とってもうれしいですよね。

LINEやメールの量が、愛情の大きさと比例する、と感じている方も多いと思います。

でも、男性はLINEやメールでのコミュニケーションをそれほど重視していません

個人差はありますが男性にとってLINEやメールは、単なる連絡手段にすぎず、用事がなければLINEをする必要がない、と考えている男性も多いのです。

つまり、用事があるときはLINEやメールをするけれど、日常生活を過ごす上では特に必要としていない。

これが男性の大前提だと思っておいたほうがいいような気がします。(寂しいですけど( ;´Д`))

もちろん付き合い始めのうちは、男性側もがんばってLINEやメールをしていますが、それも半年くらいたてば気持ちも落ち着いて日常に戻るもの。

そもそも、男性の場合は、生活の中心が仕事なので、四六時中、恋愛中心で過ごすというわけにはいきませんよね。

このあたりが、男性と女性のLINEやメールに対するスタンスの違いなのではないかと思います。

男性にとってはLINEやメールよりも、実際に会うことのほうが大切

それから、もう一つ。

男性にとっては、彼女とLINEやメールを頻繁にするよりも、実際に会うことのほうが大切だったりします(これは、私自身も彼から言われました)。

例えば、日曜日にデートをして、また次の日曜日にデートの約束をしているとしますよね。

そうすると、男性側は月曜日から土曜日まで連絡がなくても、次の日曜日にまた会うからOKと思ってしまうことが多いんです。

でも、女性としては日曜日にデートをしたら、その日の夜別れてからすぐにLINEやメールがほしいし、次の日にも「昨日は楽しかったね」とLINEやメールで言ってほしい。

毎日なるべく彼とつながっていたい、つながっている実感がほしいと思ってしまうもの。ここに、男性と女性の大きな違いがあるような気がします。

これは、恋愛に対する欲求(男性の場合は性欲というか……)の違いもあるのかな?と思います。

男性が、彼女(または元カノ)からのLINEを既読スルーする理由

こうした男性と女性のスタンスの違いによって、LINEやメールでのすれ違いが起こってしまうわけなんですが、では具体的に男性が彼女(または元カノ)からのLINEを既読スルーする状況について、どのようなことが考えられるのか、一つずつ見ていきましょう。

「読んだよ」=「了解」の意味として、彼の中で完結している

これは、私の彼も言っていたのですが……「既読している上で何も連絡がないってことは、了解ってことだよ」と。

例えば、別れた彼との復縁を希望しているときに、体調を気遣うような、さしあたって返事のいらないLINEをしたとしますよね。

この場合、目を通した上で、ありがとうという気持ちがあったとしても、そこまでアクションを起こさない男性も多いようです。

つまりは、読んだ=了解ということで、彼の中で完結してしまっているんですよね。

女性からすると、一言でいいから返事がほしいと思うものなのですが……(>_<) 男性側の甘えもあるのかな?(コイツは自分のことをわかってくれている、みたいな)

仕事が忙しい・体調が悪いなどで、気持ちに余裕がない

夜遅くまで残業をして、家に帰ったら疲れてすぐ寝たい……という時や、インフルエンザなどで体調を崩して会社を休んでいるときなど、彼に余裕がないときに運悪くLINEやメールをしてしまうと、返事がこない可能性が高いと思います。

実際に私も彼と別れていたときに、クリスマスがだんだん近くなってきて我慢できずにLINEをしたのですが、まんまと既読スルーされ……1月中旬(1ヶ月後)に「年末にインフルにかかってた」と返信がきたことがありました。(遅い~(>_<))

時間ができたら返事を書こうと思っていて、タイミングを逃してしまう

これも、男性には「あるある」な気がします。

今は忙しいから後で返事を書こう⇒時間が過ぎてタイミングを逃してしまう⇒もう返事を書かなくてもいいか、で終わってしまう。

女性にしてみれば、いつでもいいから返信してよ!と言いたくなりますが……特に、元からあまりマメではない男性だと、時間がたてばたつほど返事を書くのが億劫になってしまうこともあるのかもしれませんね(私の彼は、結構このパターンもあったらしいです(;´∀`))。

あとは重い内容のLINEだったりすると、やっぱり返信するまでに時間が必要だったり……。

既読スルーされても、思いつめないことが大切

女性の場合、彼がLINEを既読スルーすると、「もう私に気持ちがないから!?」と不安になってしまいがちですが、男性にとっては案外、単純な理由だったりするものです。

一度そのことにとらわれてしまうと、どんどんネガティブになってしまうので、あまり深く考えすぎず、そのうち返信がくるだろうくらいのスタンスでいたほうがお互いにとっていいのかもしれません。

彼のことを信じる気持ちが、きっと何よりも大切になるんですよね。

電話占い「ピュアリ」の咲耶(さや)ローズマリー先生が、ご自身のブログの中で、LINEについてこんな風におっしゃっていました。

LINEの“既読”・“未読”には実は心理的に脅迫要素が含まれていて、

既読→「読んだんだったら何故すぐ返信しない!」
未読→「何故読まない!早く開けろ!」という心理が働くようになっています。

メールが2~3日返って来なくてもそこまで心配しないのに “未読”“既読”が有るばかりに、相手の状態が見えたように感じ、知らないうちに相手を脅迫してしまっているのです・・。

人は毎日何かしらの用をしながら生きています。

メッセージも返せる時と返せない時がありますよね?

でも、このLINEに関してだけは脅迫要素が含まれている事で、この“未読”“既読”に異常に執着してしまうようになり

「開けたんなら”OK”位2秒で返信出来るだろうが!!」と思わせてしまうツールなのです。

引用:http://ameblo.jp/purely-saya-rosemary/

返信が無いからと「読んだ?」「読んだ?」「何故返事くれないの?」と送り続ける事は、あなたが意識していなくても、受け取るお相手にしてみれば脅迫されているような心理状態になってしまうのです。

いつもLINEが気になって気になって仕方が無いという方は”既読・未読恐怖症”に掛かっている可能性が御座いますので、重度の場合は早めにLINEを辞めてメールに切り替えてみましょう♪

引用:http://ameblo.jp/purely-saya-rosemary/

確かに、LINEって見たらすぐに返信しなければならないような雰囲気がありますよね。一言の返信くらい、すぐできるじゃん!みたいな……。

さや先生がおっしゃる通り、あまりにもLINEの返信にこだわってしまうときには、メールに切り替えるのも手ですね。

ちなみに私の弟は、自他ともに認めるマメ男くんなのですが、弟に既読スルーのことを話したら、

「LINEの返信? そんなの会社帰りの電車の中でいくらだってできんじゃん! 返信がないってことは、つまりそういうことだよ。姉ちゃん、気づけよ!」

と言い放ち、私を奈落の底に突き落としました(-_-;) 弟めーーーー( `ー´)ノ
※LINEの返信の頻度には個人差があります。

私はLINEの既読スルー問題で病みかけたとき、電話占いヴェルニの占い師さんにたくさんお世話になりました。

彼の今の気持ちを視ていただいて、ネガティブな気持ちがおさまったことは一度や二度ではありません。(ヴェルニには、花英(はなえ)先生綾華先生笑瑠 (えみる) 先生など素敵な占い師さんがたくさんいらっしゃいます♪)

電話占いがあったおかげで、LINEの返信がマメではない彼と、無事に復縁できたのだと思っています。

かつての私と同じように「彼にLINEを既読スルーされて辛い……」「彼の今の本当の気持ちが知りたい」と悩んでいる方は、ぜひこの機会にヴェルニに登録して、鑑定していただいてくださいね。

いつの日か、幸せな復縁ができますように……。

ヴェルニの公式サイトはこちら。今なら無料ポイント1,000円分ついてきます♪

-復縁中期

Copyright© 復縁の部屋 , 2019 All Rights Reserved.